【激安】イラスト初心者におすすめの液晶タブレット

PC関係

これからデジタルイラストに挑戦したいと思っている人の悩みとして

PCは持ってないからPCも買わなくちゃいけないのだろうか…

失敗したくないけど予算もあまりない…、コスパのいい液タブはないだろうか…

など多くのお悩みがあるかと思います。

そこで今回は特に初心者の方にオススメしたい、パソコン不要でデジタルイラストを始められる液晶タブレットを紹介します!!

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

まず押さえておきましょう!PC不要PCの種類

パソコン不要液タブの種類

・液タブ代わりになる製品

・PCの代わりにスマホを使う製品

・液タブ単体で使える製品

液タブ代わりになる製品

タブレットPCのことを指します。有名なところで言うとipadやsurfaceなどですね。

液タブとしての機能以外にも、インターネットサーフィンや表計算作業などイラスト以外の用途でも使用することができます。

デジタルイラスト初心者はもちろん、タブレットがある便利な生活を体験したい人におすすめです。

過去記事でおすすめタブレットPCをまとめています。

PCの代わりにスマホを使う製品

OSがないとデジタルでイラストを描くことはできません。

そこで液タブ以外の機器、PCやスマホを接続して初めて液タブを使うことができます。

スマホが普及した今、PCを持っている人のほうが少ないかもしれません。

出費を必要最低限に抑えたい、入門として安価でデジタルイラストを始めたい人におすすめです。

液タブ単体で使える製品

OSがタブレット自体に搭載されているタイプです。その分値段は高めのことが多いです。

デジタルイラストをはじめから本腰を入れて挑戦していきたい人、デジタルイラスト経験者でステップアップを目指している人、場所を選ばずにどこでも本格的にイラストを描きたい人におすすめです。

早速紹介!!激安各種おすすめ液タブ

初心者~上級者スキルの違いに関係なく、今よりもっと上を目指す人のための支えとなるおすすめ製品を紹介していきます。

液タブ代わりになる製品

CHUWI Hi10 Go

3万円台で購入でき、タブレット入門にはちょうどいい製品です。

OSもwindows10搭載で、いつも使用しているパソコンと同じ感覚で作業を行うことができます。

キーボードは別売りですが、Bluetooth対応のキーボードを接続すれば、スムーズに操作が可能です。

イラスト以外にも、簡単な表計算、文章作成作業、ネットサーフィンなど幅広く対応できます。

タブレットのある生活を安価で体験してみたい人におすすめです。

※イラスト作製に使用するペンは別売りです。

Xiaomi Pad 5

11インチと同じ価格帯では大きめで解像度1600×2560、リフレッシュレートは120Hz!!

間違いなくコスパ最強のタブレットPCでしょう。

ほかにもDolby Atmosに対応した4つのスピーカーを搭載、ハイレゾ音源にも対応しています。

コスパ重視で高性能かつ、快適なイラスト環境を手に入れたい人、映画や音楽を高品質で体験したい人におすすめです。

OSはAndroidなのでスマホandroidユーザーは、いつもと変りなく快適に操作が可能です。

Apple iPad Air (第4世代)

イラストのプロも使用している実力派です。

4Kビデオ撮影可能カメラなど、イラスト以外の分野でも手に入れてからわかる便利さを実感することができるでしょう。

こういったガジェットの購入後は、確実にやりたいことがどんどん増えてきます。

後から買い替えや、グレードアップなどの追加の出費をしたくない方はもちろん、直感的な操作ができるのでPC初心者に強く購入をお勧めします!

PCの代わりにスマホを使う製品 (もちろんPCに接続しても使えます)

Wacom One 13

ペンタブレットの国内シェア1位の安心のブランドWacom、初心者からプロまで幅広く使用されています。

イラストに限らず、漫画や写真加工、3Dモデリングなどにも直感的な操作が人気なようです。

国外メーカーに比べ若干値段が高いのがネックですが、それ相応の高機能を実感できます。

デジタルイラストが初めての人は特にうれしい、クリップスタジオやAdobeの期間限定ライセンスが多く選択できるのも魅力の一つです。

XP-pen Artist 12

Wacomに次ぐ有名ブランドであるXP-PEN。価格を抑えつつ、高クォリティの製品が魅力です。

Aritist12の特長として豪華版にはすぐにデジタルイラストを始めるためのツールがそろっています。

保護フィルムや人によっては専用のグローブなど、なんだかんだでかなり追加の出費があるものです。

定期的に公式ページでセールも行っているので、要チェックですね!


液タブ単体で使うタイプ

Wacom Mobile Studio Pro 13

OS内臓タイプは価格がどうしても高くなってしまうのが現状です。

激安という今回のテーマからは外れてしまいますが、番外編として紹介します。

プロを目指すのならこれ一択とも言える、圧倒的な性能です。

初心者というよりは、これから本腰を入れてイラストに向き合うためのステップアップとしておすすめできる製品です。

まとめ

以前よりお手頃価格で液タブが購入できる時代になりました。

使用感や実際の大きさなどは、大きめの電気屋さんなどにサンプルが置いてあったりするので、購入前に使用感を確認してみるのもいいかもしれませんね

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました